地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

フォトレポート

添乗員や企画担当者による印象的なエピソードや最近の現地情報をお知らせします。

2016年8月【ヨーロッパ】

バルト三国 中世の面影残る世界遺産都市

投稿された画像リスト

ビリニュス アストリアホテル/リトアニア リトアニアの首都、ビリニュスの旧市街に位置するアストリアホテルは、各国の要人も宿泊する歴史あるホテル。天皇皇后両陛下も宿泊されました。フロント脇の額縁の最上段左から2枚目が両陛下のお名前の入ったプレートです。宿泊の際はどうぞお見逃しなく。

トラカイ城/リトアニア 湖の上に立っているかのような中世の要塞、トラカイ城は、かつてドイツからの北方十字軍の脅威に備え築城されました。今では森と湖に囲まれた市民の憩いの場として、その姿をとどめます。

カウナス旧日本領事館/リトアニア 大戦中6000人のユダヤ人を救った「命のビザ」を発給した杉原千畝氏が執務した部屋が保存、公開されています。勇気ある決断と行動がこの場所で行われました。隣室は展示室になっていて、杉原氏の生い立ちや人柄を偲ぶことができます。

十字架の丘/リトアニア リトアニアとラトビアの国境にほど近い、のどかな田園風景の中に突然現れるおびただしい数の十字架。かつてはロシアの圧政に抵抗するための非暴力と祈りの場として、今では平和の祈りの場として、巡礼者が絶えません。

ルンダーレ宮殿/ラトビア ラトビアの片田舎に不釣り合いなほど豪華な宮殿は、ロシアの女帝がお気に入りの廷臣のために建設を命じた夏の離宮。その華麗な姿から「バルトのベルサイユ」と言われています。かつての宮殿の台所を改装したレストランで、昼食をとってから見学スタートです。

リガ旧市街/ラトビア ラトビアの首都、リガの旧市街は赤レンガ造りの建物が並びます。ハンザ同盟の都市として、ドイツ人商人たちが活躍した経緯から、街並みは非常にドイツ的。北ドイツのハンブルクやリューベックを旅しているような雰囲気です。

三人兄弟の家/ラトビア リガの旧市街でユニークな存在なのが、この三人兄弟の家。向かって右から600年前、500年前、400年前と異なる時代に異なる建築様式で建てられました。内部は無料公開されています。中央の黄色い建物から入れますので、ぜひお見逃しなく。

エストニア野外博物館/エストニア エストニア各地の農村にあった民家を移築、保存する野外博物館は、まるでエストニアの白川郷。どの家屋も日本の茅葺屋根の民家にそっくりなのです。日本の原風景を眺めているような懐かしさを覚えます。

タリン旧市街/エストニア エストニアの首都、タリン旧市街は市庁舎の建つラエコヤ広場を中心に広がります。広場にはパラソルとテーブルが並べられ、短い夏のひとときを楽しむ人達で賑わいます。

タリン旧市街/エストニア 旧市街の山の手に建つアレクサンドル・ネフスキー聖堂は特徴ある塔の形からも、ひと目でロシア正教の教会とわかります。ロシアの圧政によるエストニアの苦難の歴史を物語っています。

ページトップへ戻る

大人のための海外ツアー「旅彩彩」

旅の魅力「テーマで彩る旅」とは旅の魅力「連泊重視のゆとり旅」とは

パンフレットラインナップ

旅彩彩 パンフレット

【NEW!】 オセアニア・中南米・北米・アジア・中国、全日空チャーター直行便スペインなど

  • 旅彩彩デスクに問合せ(申込メール)
  • サイトの使い方・お申込みの流れ

支配人からのご挨拶

資料請求・旅行説明会・お問合せ

旅行パンフレット・デジタルパンフレットをご覧いただけます。
パンフレットのご請求もこちらから»

旅行説明会お申込み

当サイトの使い方

お申込みの流れ・お支払方法

ツアー番号で検索

新聞・テレビ等に掲載された商品をツアー番号から検索できます。

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB